芸能人・経営者のおくやみ情報

江戸家猫八 氏(えどやねこはち)

物真似芸人・四代目[日本]

2016年 3月21日 死去進行性胃がん享年68歳

江戸家猫八 - 物真似芸人・四代目

江戸家 猫八(えどや ねこはち)は、動物の声帯模写をする物真似師の名跡。
2代目を除いては、初代の直系により受け継がれている。
2代目はラジオで、3・4代目はテレビで人気者となった。
俗に初代 江戸家猫八(1868年4月3日 - 1932年4月6日) - 本名:岡田信吉。
かつては歌舞伎役者片岡市之助(3代目片岡市蔵門の女形)。
2代目の実父が発掘して寄席芸人に転じさせた。
3代目柳家小さんの預かり弟子。
2代目 江戸家猫八(1912年7月6日 - 1986年5月25日) - 本名:長谷川栄太郎。
後に木下華声に改名。
3代目 江戸家猫八(1921年10月1日 - 2001年12月10日) - 本名:岡田六郎。
初代の六男。
4代目 江戸家猫八(1949年11月30日 - 2016年3月21日) - 本名:岡田八郎。
3代目の長男。
代外 岡田信吉の猫八や、上方の猫八以前に、鳥獣物真似、声帯模写で売った「三遊亭猫八」という人物が存在した。
三遊亭 猫八(さんゆうてい ねこはち)(1843年 - 1898年7月30日) - 本名:小林弥三郎。

物真似師の名跡。 三代目 江戸家猫八 演芸家・俳優 本名:岡田六郎(おかだ ろくろう) 誕生日:1921年(大正10年)10月1日 出身地:東京都巣鴨 三代目江戸家猫八は初代の六男。 長男は物真似師の江戸家小猫、長女は江戸家まねき猫。 1941年、古川ロッパ(古川緑波)一座に入門し、俳優となる。 1942年、召集令状が来て兵役に就く。南方を転戦した後、1945年8月に広島で被爆。 1949年、二代目猫八の木下華声の弟子となって芸を学び、三代目猫八を襲名。鶯やコオロギなどの声帯模写でお馴染み。 1956年より放映されたNHK「お笑い三人組」に八ちゃん役で出演し好評を博した。 1962年、妻八重子の没後、66年に小猫?の妻シゲ子の姉モト子と再婚。 1981年、芸術祭優秀賞受賞。 1988年、紫綬褒章受章。 1994年、勲四等旭日小綬章受章。 2001年12月10日、死去。80歳。 (引用元 Hatena Keyword)

「江戸家猫八」と関連する人物(故人)