訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ロベルト・ブンゼンRobert Wilhelm Bunsen

化学者[ドイツ]
(セシウム・ルビジウムを発見)
1899年 8月16日 死去享年89歳
ロベルト・ブンゼン - ウィキペディアより引用
『ローベルト・ブンゼン』より : ロベルト・ヴィルヘルム・ブンゼン(Robert Wilhelm Bunsen、1811年3月31日(30日とも) – 1899年8月16日)は、ドイツの化学者である。
自らが改良した(Sella 2007)バーナー(ブンゼンバーナーと呼ばれる)を利用して、グスタフ・キルヒホフと共に、分光学的方法で1860年にセシウム、1861年にルビジウムを発見した。
生涯 ゲッティンゲン出身。
1831年秋にゲッティンゲン大学を卒業後、1832年5月から1833年9月までヨーロッパの各地を遍歴した。
1834年1月ゲッティンゲン大学講師、1836年4月カッセル工業専門学校教師、1839年8月マールブルク大学員外教授、1841年7月正教授、1851年4月ブレスラウ大学教授を経て1852年8月レオポルト・グメリンの後をついでハイデルベルク大学理学部化学教室の第二代教授になった(山岡 1954)。

↑ PAGE TOP