芸能人・経営者のおくやみ情報

ポール・ヴェルレーヌPaul Marie Verlaine

詩人[フランス]

1896年 1月8日 死去享年53歳

ポール・ヴェルレーヌ - ウィキペディアより引用

ポール・マリー・ヴェルレーヌ(Paul Marie Verlaine)(1844年3月30日 - 1896年1月8日)は、フランスの詩人。
ポール・ヴェルレーヌ、あるいは単にヴェルレーヌとも呼ばれる。
ステファヌ・マラルメ、アルチュール・ランボーらとともに、象徴派といわれる。
多彩に韻を踏んだ約540篇の詩の中に、絶唱とされる作品を含みながら、その人生は破滅的であった。
日本語訳では上田敏による「秋の日のヰ゛オロンのためいきの……」(落葉=秋の歌)、堀口大學による「秋風のヴィオロンの附節(ふし)ながき啜泣(すすりなき)……」(秋の歌)、「巷に雨の降るごとく/わが心にも涙ふる。
」(無言の恋歌)などの訳詩で知られる。
生涯と作品 彼の一生には、酒・女・神・祈り・反逆・背徳・悔恨が混在した。
晩年には文名を高めデカダンスの教祖と仰がれたが、初期の作品の方が評価されている。
以下で、箇条書きの部分は文学的事項である。
生い立ち 1844年-1864年 ドイツに接するモゼル県のメスに生まれた。

Paul Verlaine (1844-1896) フランス、メッス生まれの詩人。 →ヴェルレーヌを参照のこと。 (引用元 Hatena Keyword)