芸能人・経営者のおくやみ情報

作田啓一 氏(さくたけいいち)

社会学者、京都大学名誉教授[日本]

2016年 3月15日 死去肺炎享年95歳

作田啓一 - ウィキペディアより引用

作田 啓一(さくた けいいち、1922年1月31日 - 2016年3月15日)は、日本の社会学者。
京都大学名誉教授。
元日本社会学会会長。
第31回(平成24年度)京都府文化賞特別功労賞。
父は京都帝大教授・満州建国大学副総長だった経済学者の作田荘一。
妻は作家の折目博子。
山口県山口市生まれ。
関西学院大学卒、1948年(昭和23年)京都帝国大学文学部哲学科を卒業し、西京大学(京都府立大学)助教授を経て、1959年(昭和34年)京都大学教養部助教授、1966年(昭和41年)教授。
85年定年退官、京都大学名誉教授。
1985年から1995年まで甲南女子大学教授。
人間学としての社会学を追求した。
『恥の文化再考』『価値の社会学』 『恥の文化再考』(1967年)では、戦後の日本で広く受け容れられたルース・ベネディクトの「西欧社会は罪の文化、日本社会は恥の文化」という比較論に対し、稲作による地域共同体や幕藩体制以降の社会構造の特色から、日本人には外部の視線を気にする「恥」だけでなく、弱さの自覚から生まれる内面的な「羞恥」という特性があるとして、西欧的価値観に立った分析に反論し脚光を浴びた。

社会学者、京都大学名誉教授。 1922年1月31日、生まれ。2016年3月15日、死去。 山口県出身。作田荘一の長男。妻は作家の折目博子。関西学院大学卒、1948年、京都帝国大学文学部卒。西京大学(京都府立大学)助教授、京都大学助教授、1966年教授。85年定年退官、名誉教授。甲南女子大学教授。 1985〜1988年、日本社会学会会長を務めた。 (引用元 Hatena Keyword)