芸能人・経営者のおくやみ情報

ラファイエット夫人Marie-Madeleine Pioche de La Vergne

作家[フランス]

1693年 5月25日 死去享年60歳

ラファイエット夫人 - ウィキペディアより引用

ラ・ファイエット伯爵夫人マリー=マドレーヌ・ピオシュ・ド・ラ・ヴェルニュ(Marie-Madeleine Pioche de La Vergne, comtesse de La Fayette、1634年3月18日(洗礼日) - 1693年5月25日)、いわゆるラファイエット夫人(Madame de La Fayette)は、フランスの女流作家。
生涯 1634年にパリに下級貴族の家庭で生まれ、若くしてギリシャ語、ラテン語、イタリア語などを学んだ。
少女時代から摂政母后アンヌ・ドートリッシュに仕え、サロンの花形となった。
1655年、ラファイエット伯爵と結婚、オーヴェルニュの領地に暮らすが、1660年ごろには夫婦仲は疎遠になっていた。
シャイヨのサント・マリー修道院にいる2人の妹たちをたびたび訪ねるうちに、亡命中のチャールズ1世の未亡人であったヘンリエッタ・マリアと末娘の王女ヘンリエッタ・アンの知遇を得た。

ラファイエットふじんLafayette,Marie-MadeleinePiochedeLaVergne,Comtessede [生]1634.3.18.〈洗礼〉パリ[没]1693.5.25.パリフランスの女流作家。生涯には不明な点が多い。パリのボジラール街にサロンを開き,田園詩人スグレ,セビニェ夫人,ラ・フォンテーヌ,ラ・ロシュフーコーら当時最高の文人と親交を結んだ。実録小説『モンパンシエ公爵夫人』LaPrincessedeMontpensier(1662),スペインを舞台にした『ザイード』Zayde(70)などがあるが,最高傑作は『クレーブの奥方』LaPrincessedeClèves(78)で,恋愛心理の的確な描写によって,フランス心理小説の伝統を創始した不朽の作品となっている。 (引用元 コトバンク)

「ラファイエット夫人」と関連する人物(故人)