訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ナット・キング・コール 氏Nat King Cole

ジャズピアニスト歌手[アメリカ]

1965年 2月15日 死去肺がん享年47歳

ナット・キング・コール - ウィキペディアより引用
ナット・キング・コール(Nat King Cole、1919年3月17日 - 1965年2月15日)は、アメリカのジャズ・ピアニスト、歌手。
本名:ナサニエル・アダムズ・コールズ(Nathaniel Adams Coles)。
「キング」は愛称。
アラバマ州モンゴメリーで生まれた。
父はバプテスト教会の牧師で、母・ペリーナは教会のオルガン奏者で、コールは12歳まで母からオルガンを習った。
1930年代からピアニストとして活動。
スウィング・ジャズ時代末期の傑出したピアニストとしての業績を残した。
1939年にピアノ、ギター、ベースのシンプルな編成からなる「ナット・キング・コール・トリオ」を結成。
ビッグバンドの時代におけるコールの編成は革新的とみられ、トリオバンド流行の火付け役となった。
ピアニストとしての活動の間、艶のある声を買われて、歌手としても活動するに至った。
1944年、歌手として「ストレイトン・アップ・アンド・フライ・ライト(Straighten Up and Fly Right)」を大きくヒットさせた。

「ナット・キング・コール」と関連する人物(故人)