芸能人・経営者のおくやみ情報

ナット・キング・コール 氏Nat King Cole

ジャズピアニスト歌手[アメリカ]

1965年 2月15日 死去肺がん享年47歳

ナット・キング・コール - ウィキペディアより引用

ナット・キング・コール(Nat King Cole、1919年3月17日 - 1965年2月15日)は、アメリカのジャズ・ピアニスト、歌手。
本名:ナサニエル・アダムズ・コールズ(Nathaniel Adams Coles)。
「キング」は愛称。
アラバマ州モンゴメリーで生まれた。
父はバプテスト教会の牧師で、母・ペリーナは教会のオルガン奏者で、コールは12歳まで母からオルガンを習った。
1930年代からピアニストとして活動。
スウィング・ジャズ時代末期の傑出したピアニストとしての業績を残した。
1939年にピアノ、ギター、ベースのシンプルな編成からなる「ナット・キング・コール・トリオ」を結成。
ビッグバンドの時代におけるコールの編成は革新的とみられ、トリオバンド流行の火付け役となった。
ピアニストとしての活動の間、艶のある声を買われて、歌手としても活動するに至った。
1944年、歌手として「ストレイトン・アップ・アンド・フライ・ライト(Straighten Up and Fly Right)」を大きくヒットさせた。

の言及 【コール】より …アメリカのジャズ・ピアニスト,歌手。1939年にキング・コール・トリオを結成,ときどき弾きながら歌っているうちに歌手として人気が出た。43年にキャピトル・レコードの専属となってから《ネーチャー・ボーイ》《モナ・リザ》などの大ヒットを放ち,映画《セントルイス・ブルース》に主演するなど幅広く活躍。ビロードの手触りにたとえられた独特な声となめらかな歌い回しが魅力だったがピアノの才能も高く評価された。【中村とうよう】… ※「ナット・キング・コール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)

「ナット・キング・コール」と関連する人物(故人)