芸能人・経営者のおくやみ情報

末広鉄腸(ひろすえてっちょう)

新聞記者、政治家[日本]

1896年 2月5日 死去舌がん享年48歳

末広鉄腸 - ウィキペディアより引用

末広鉄腸(すえひろ てっちょう、1849年3月15日(嘉永2年2月21日) - 1896年(明治29年)2月5日)は、反政府側の政論家・新聞記者・衆議院議員・政治小説家。
幼名雄次郎、後に重恭(しげやす)。
号に鉄腸、子倹、浩斎。
生涯 宇和島藩の勘定役『禎介』の次男として、城下の笹町(現、愛媛県宇和島市笹町)に生まれた。
1860年(万延元年)、四書五経の素読を終え、翌年、藩校の『明倫館』に入って朱子学を修め、1869年(明治2年)、母校の教授になった。
王陽明の伝習録に傾倒した。
1870年(明治3年)、上京したものの師を得ず、京都の春日潜庵に陽明学を学んだ。
1872年(明治5年)、帰郷して神山県に勤め、1874年(明治7年)、大蔵省に転じたが、折からの自由民権運動の高まりの中で言論に志し、1875年(明治8年)4月、東京曙新聞の編集長になった。
直後の1875年(明治8年)6月、讒謗律と新聞紙条例が公布され、8月、それらを非難する投書を掲載して、自宅禁錮2ヶ月・罰金二千円となり、最初の違反者として名を広めた。

すえひろてっちょう [生]嘉永2(1849).2.21.宇和島[没]1896.2.5.東京ジャーナリスト。本名は重恭。1875年『あけぼの』(のち『東京曙新聞』)の編集長となり,6月に公布された新聞紙条例と讒謗律を激しく批判して禁錮刑を受けた。この事件で『東京曙新聞』をやめて『朝野新聞』に移って編集長を務めた。1881年10月,自由党結党とともに入党。自由党機関紙の『自由新聞』の社説を担当したが,党首板垣退助の外遊費問題で板垣と衝突し,辞職。自由党も脱党した。1889年村山龍平に招かれて『東京公論』の主筆となり,その後もジャーナリズム活動を続けたが,しだいに国家主義に傾き,1890年と1894年の2回,立憲改進党から衆議院議員に当選した。文才も豊かで,1886年の『雪中梅』,1887年の『花間鶯』などの政治小説や,回顧録的な『新聞経歴談』も有名。 (引用元 コトバンク)

「末広鉄腸」と関連する人物(故人)