芸能人・経営者のおくやみ情報

アンドリュー・ジャクソンAndrew Jackson

政治家、アメリカ合衆国第7代大統領[アメリカ]

1845年 6月8日 死去享年79歳

アンドリュー・ジャクソン - ウィキペディアより引用

アンドリュー・ジャクソン(Andrew Jackson, 1767年3月15日 - 1845年6月8日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家、黒人奴隷農場主で、第7代アメリカ合衆国大統領。
ジャクソンは民主党所属としては初の大統領であり、貴族生まれでない最初の大統領。
「オールド・ヒッコリー」の愛称で呼ばれた。
「アメリカン・フロンティア」に暮らし、独立13州に関係しなかった最初の大統領。
米英戦争における活躍をきっかけに大統領になり、任期中の強権ぶりから「アンドリュー1世」とも揶揄された程であった。
アメリカ独立戦争と南北戦争の間、その時代は「エイジ・オブ・ジャクソン」「ジャクソン・エラ」としばしば呼ばれた。
史上唯一、議会から不信任決議をされた大統領であり、またアメリカ大統領史上初の暗殺の標的になった(未遂)。
夫人のレイチェル・ジャクソン(第7代アメリカ合衆国のファーストレディ)は夫が大統領に就任する2ヶ月前に急死したが、ジャクソンは彼女の死の原因になったとして政敵のジョン・クインシー・アダムズとその支持者を激しく非難した。

Andrew Jackson (1767年3月15日 〜 1845年6月8日) 第7代アメリカ大統領(1829年 - 1837年)。 (引用元 Hatena Keyword)