訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

インノケンティウス12世Innocentius XII

ローマ教皇[イタリア]

1700年 9月27日 死去享年86歳

インノケンティウス12世 - ウィキペディアより引用
『インノケンティウス12世 (ローマ教皇)』より : インノケンティウス12世(Innocentius XII,1615年3月13日 - 1700年9月27日)はローマ教皇(在位:1691年 - 1700年)。
本名はアントニウス・ピニャテッリ(Antonio Pignatelli)。
清廉潔白な人柄で贅沢を嫌い、中世以来のカトリック教会の悪習であったネポティズム(親族登用主義)と聖職売買(シモニア)の根絶を目指した。
生涯 ナポリの名家の出身であるピニャテッリはローマのイエズス会のコレジオで学んだ。
20代にして教皇ウルバヌス8世のそばで働くようになり、以降の教皇達に仕えて、教皇大使としてフィレンツェ、ウィーン、ワルシャワなどへ赴任した。
インノケンティウス11世の時代の1681年に枢機卿にあげられ、ナポリの大司教になった。
アレクサンデル8世没後の教皇選挙では神聖ローマ帝国とフランスの2つの枢機卿団がもめたため、双方の妥協の結果としてピニャテッリが教皇に選ばれた。
1691年7月12日、教皇インノケンティウス12世を名乗ったピニャテッリはインノケンティウス11世の精神を継承して教皇庁の綱紀粛正に乗り出した。

↑ PAGE TOP