芸能人・経営者のおくやみ情報

ゲオルク・フィリップ・テレマンGeorg Philipp Telemann

作曲家[ドイツ]

1767年 6月25日 死去享年87歳

ゲオルク・フィリップ・テレマン - ウィキペディアより引用
ゲオルク・フィリップ・テレマン(Georg Philipp Telemann、ドイツ語発音: [geɔrk/geːɔrk fiːlɪp teːleman](ゲオルク・フィーリプ・テーレマン)、1681年3月14日 - 1767年6月25日) は、ドイツの作曲家。
テレマンは後期バロック音楽を代表するドイツの作曲家で、40歳以降は北ドイツのハンブルクで活躍した。
18世紀前半のヨーロッパにおいては随一と言われる人気と名声を誇り、クラシック音楽史上もっとも多くの曲を作った作曲家として知られる。
自身も オルガン、ハープシコード、リコーダー、リュートなど多くの楽器を演奏することができ、特にリコーダーについては高い技術を有する名人であった。
同時代の作曲家であったゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルとはライプツィヒ大学時代からの友人で、頻繁に手紙のやり取りをしていたほか、ヨハン・ゼバスティアン・バッハとも親密な交友関係にあり、バッハの次男カール・フィリップ・エマヌエルの名付け親にもなった。