芸能人・経営者のおくやみ情報

オットー・ハーン 氏Otto Hahn

化学者物理学者[ドイツ]

1968年 7月28日 死去享年90歳

オットー・ハーン - ウィキペディアより引用

オットー・ハーン(Otto Hahn, 1879年3月8日 - 1968年7月28日)はドイツの化学者・物理学者。
主に放射線の研究を行い、原子核分裂を発見。
1944年にノーベル化学賞を受賞。
1946年までカイザー・ヴィルヘルム協会最後の会長を務め、1948年から1960年までマックス・プランク協会会長を務めた。
1904年 - 放射性トリウムを発見 1912年 - カイザー・ヴィルヘルム化学研究部長 1917年 - プロトアクチニウムを発見 1921年 - ウランの核異性体ウラニウムZを発見 1928年 - カイザー・ヴィルヘルム化学研究所(1956年からベルリン自由大学のオットー・ハーン記念ビル)の所長となる 1938年 - 原子核分裂を発見 1944年 - ノーベル化学賞受賞 1957年 - 王立協会外国人会員 マイトナーとの関係 ハーンは30年以上にわたってリーゼ・マイトナーと一緒に研究を行ってきたが、ユダヤ系であったマイトナーはナチスの迫害を避けるために1938年にスウェーデンに移らざるをえなくなった。