芸能人・経営者のおくやみ情報

ニコラウス・アーノンクール 氏Nikolaus Harnoncourt

指揮者、チェロ奏者[オーストリア]

2016年 3月5日 死去享年88歳

ニコラウス・アーノンクール - 指揮者、チェロ奏者

ニコラウス・アーノンクール(Nikolaus Harnoncourt[ˈharnõkuːr] もしくは、Johannes Nicolaus Graf de la Fontaine und d’Harnoncourt-Unverzagt、1929年12月6日 - 2016年3月5日)は、オーストリアの指揮者、チェロ奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、貴族(伯爵)。
アルノンクール、ハルノンクールとも表記される。
ドイツのベルリンでオーストリアの貴族ウンフェアツァークト(Unverzagt)伯爵家の長男として生まれ、グラーツで少年時代を過ごした。
母のラディスラヤは神聖ローマ皇帝レオポルト2世の第13子ヨハン・バプティスト・フォン・エスターライヒ(ヨハン大公)の息子フランツ・フォン・メラン伯爵の孫娘であった。
ウィーン国立音楽院(現・ウィーン国立音楽大学)時代はチェロを専攻、卒業後1952年から1969年までウィーン交響楽団にチェロ奏者として在籍。

Nikolaus Harnoncourt ドイツ、ベルリン出身のオーストリアの指揮者。 1929年12月6日、生まれ。2016年3月5日、死去。 古典バロックからロマン派まで幅広く手掛ける。 2006年11月に25年ぶりに日本公演を行った。 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスを主宰。 (引用元 Hatena Keyword)