芸能人・経営者のおくやみ情報

モーリス・ラヴェルJoseph-Maurice Ravel

作曲家[フランス]

1937年 12月28日 死去享年63歳

モーリス・ラヴェル - ウィキペディアより引用

ジョゼフ=モーリス(モリス)・ラヴェル(Joseph-Maurice Ravel 発音例, 1875年3月7日 - 1937年12月28日)は『スペイン狂詩曲』やバレエ音楽『ダフニスとクロエ』、バレエ音楽『ボレロ』の作曲や『展覧会の絵』のオーケストレーションでよく知られたフランスの作曲家。
バスク系フランス人。
生涯 1875年にフランス南西部、スペインにほど近いバスク地方のシブールで生まれる。
生家は、オランダの建築家により17世紀に建てられたもので、アムステルダムの運河に面している建物のように完全にオランダ様式を呈して、サン=ジャン=ド=リュズの港に面して建っている。
母マリーはバスク人であった。
一方、父ジョゼフはスイス出身の発明家兼実業家であった。
家族がパリへ移住した後、弟エドゥアールが生まれた。
音楽好きの父の影響で、7歳でピアノを始め、12歳で作曲の基礎を学んだ。
両親はラヴェルが音楽の道へ進むことを激励し、パリ音楽院へ送り出した。
音楽院に在籍した14年の間、ガブリエル・フォーレやエミール・ペサールらの下で学んだラヴェルは、多くの若く革新的な芸術家と行動を共にし、影響と薫陶を受ける。

(Joseph-Maurice Ravel , 1875年3月7日 - 1937年12月28日) 『スペイン狂詩曲』やバレエ音楽『ダフニスとクロエ』、バレエ音楽『ボレロ』の作曲や『展覧会の絵』のオーケストレーションでよく知られたフランスの作曲家。バスク系フランス人?。 ピアノ作品 グロテスクなセレナード(Sérénade grotesque, 1893年頃) 自筆譜では単に「セレナード」という題である。 耳で聴く風景(Les sites auriculaires) ハバネラ(Habanera) ドビュッシーが「グラナダの夕べ」に盗作したのでは、と物議を醸した作品。後にオーケストレーションして「スペイン狂詩曲」の第3曲に使われている。 鐘の鳴るなかで(Entre cloches) 口絵(Frontispice) 古風なメヌエット(Menuet antique, 1895年) 亡き王女のためのパヴァーヌ(Pavane pour une infante défunte, 1899年) 水の戯れ(Jeux D’Eau, 1901年) ソナチネ(Sonatine, 1903年〜1905年) 中庸の速さで(Modéré) メヌエットの速さで(Mouvement de menuet) 生き生きと(Animé) 鏡(組曲)(Miroirs, 1904年〜1905年) 蛾(Noctuelles) 悲しい鳥(Oiseaux tristes) 海原の小舟(Une barque sur l'ocean) 道化師の朝の歌(Alborada del gracioso) 鐘の谷(La vallée des cloches) 夜のガスパール(Gaspard de la Nuit,1908年) オンディーヌ(Ondine) 絞首台(Le Gibet) スカルボ(Scarbo) マ・メール・ロワ(組曲)(Ma Mère l'Oye,1908年〜1910年) 眠りの森の美女のパヴァーヌ(Pavane de la belle au bois dormant) …… (引用元 Hatena Keyword)