訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロGiovanni Battista Tiepolo

画家[イタリア]

1770年 3月27日 死去享年75歳

ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ - ウィキペディアより引用
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ(Giovanni Battista Tiepolo, 1696年3月5日 - 1770年3月27日)は、ルネサンス最後期のイタリアの画家。
本名はジャンバッティスタ・ティエポロ(Giambattista Tiepolo)。
彼は18世紀のイタリアを代表する偉大な画家であり、ルネサンス期の美術絵画の伝統を締めくくる最後の巨匠である。
生涯 1696年3月5日、ヴェネツィアに生まれる。
6人兄弟の末っ子で、父親は船乗りであった。
徒弟時代は歴史画の大家の一人であるグレゴリオ・ラッザリーニに師事するが、セバスティアーノ・リッチやジョヴァンニ・バッティスタ・ピアッツェッタの影響を強く受けた。
1719年にフランチェスコ・グアルディの姉妹と結婚している。
ティエポロは稀代のフレスコ画の名手であり、瑞々しく壮麗な作風は底抜けに明るくきらびやかである。
宮殿や貴族の館を彩る天井画は下方から見上げる仰視法を取り入れ、イリュージョンの効果を完璧なものとしている。

↑ PAGE TOP