芸能人・経営者のおくやみ情報

安藤百福 氏(あんどうももふく)

日清食品 創業者[日本]

2007年 1月5日 死去急性心筋梗塞享年98歳

安藤百福 - ウィキペディアより引用

安藤 百福(あんどう ももふく、出生名呉百福、1910年3月5日 - 2007年1月5日)は、台湾出身の実業家、発明家。
日本で「チキンラーメン」と「カップヌードル」を開発し、世界的に普及したインスタントラーメン産業の創始者となった。
日清食品の創業者。
位階は正四位。
勲等は勲二等。
台湾の嘉義庁出身。
1948年(昭和23年)に(株)中交総社(後にサンシー殖産に社名変更)を設立。
約10年間の休眠状態を経て、1958年(昭和33年)、チキンラーメンの発明に伴い日清食品株式会社に商号変更。
日清食品代表取締役社長、代表取締役会長、創業者会長を歴任。
(社)日本即席食品工業協会会長、(財)安藤スポーツ・食文化振興財団理事長、(財)漢方医薬研究振興財団会長、世界ラーメン協会WINA会長、(財)いけだ市民文化振興財団会長など、多くの公職を務めた。
1934年(昭和9年)、立命館大学専門学部経済科修了。
1996年(平成8年)、立命館大学名誉経営学博士。
池田市名誉市民。
叙位叙勲は正四位勲二等旭日重光章。
「チキンラーメン」「カップヌードル」を発明・開発したことにより、食文化に大きな革新をもたらした。

1910年3月5日、台湾生まれ。日本に帰化しており国籍は日本。 日清食品の会長(元・社長)で日清食品の創業者。チキンラーメン・カップヌードルを開発した。 2007年1月5日、急性心筋梗塞で死去。96歳。 亡くなるまで一日に一食は必ずインスタントラーメンを食していたという。 (引用元 Hatena Keyword)

「安藤百福」と関連する人物(故人)