訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヘンリー2世Henry II

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1189年 7月6日 死去享年57歳

ヘンリー2世 - ウィキペディアより引用
『ヘンリー2世 (イングランド王)』より : ヘンリー2世(英語: Henry II, 1133年3月5日 - 1189年7月6日)は、プランタジネット朝(あるいはアンジュー朝)初代のイングランド王国の国王(在位:1154年 - 1189年)である。
父はフランス王国の有力貴族のアンジュー伯ジョフロワ4世、母は神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世の皇后で、皇帝ハインリヒの死後イングランドにもどり、その後、フランスに渡ってジョフロワ4世と再婚したマティルダである。
外祖父(母マティルダの父)はイングランド王のヘンリー1世であった。
母マティルダはヘンリー1世死後、1141年内の数か月という短期間ながらイギリス初(スコットランドを含めて)の女性君主となった人物である。
ヘンリー2世は頑丈な体躯をもち、猪首であった。
また、「大食ではなく造化の間違い」でできたといわれるほどの巨腹であったが、波乱の生涯を送り、精力的に活動した。
父方と母方からの相続と自身の婚姻により広大な所領を獲得し、ピレネー山脈から南フランスおよびイングランドにまたがる、いわゆる「アンジュー帝国」を築いたが、晩年は息子たちの反乱に苦しんだ。

↑ PAGE TOP