訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ポール・モーリア 氏Paul Mauriat

作曲家指揮者ピアニスト[フランス]

2006年 11月3日 死去享年82歳

ポール・モーリア(Paul Mauriat、1925年3月4日 - 2006年11月3日)は、フランスの作曲家、編曲家、指揮者、ピアニスト、チェンバロ奏者。
特に日本では「ラブ・サウンドの王様」と呼ばれ、イージーリスニング界の第一人者として有名。
フランス南部マルセイユで郵便局員の父ヴィクトール、母クローディアとの間に4人兄弟の末っ子として生まれる。
6歳でアマチュア音楽家でもあった父親からピアノを習い、10歳でマルセイユ地方音楽院 に入学。
ソルフェージュ(1939年)とピアノ(1940年)をともに首席で修了して1941年に卒業。
その後、アマチュアジャズバンドを経て、1943年にマルセイユのダンスホール「ブラッスリー・ラ・クーポール」専属オーケストラでピアニスト兼アレンジャーとしてプロ・デビューし、翌年には同楽団の指揮者を兼任する。
1948年、ギタリストのマルセル・ビアンキ が率いるオーケストラに創設メンバーとして加入、同年12月から9ヶ月間に亘るエジプト・ツアーに参加する。