芸能人・経営者のおくやみ情報

青木周蔵(あおきしゅうぞう)

外交官政治家、子爵[日本]

1914年 2月16日 死去肺炎享年71歳

青木周蔵 - ウィキペディアより引用

青木 周藏(あおき しゅうぞう、1844年3月3日(天保15年1月15日) - 1914年(大正3年)2月16日)は、明治、大正期の日本の外交官、政治家。
勲等は勲一等。
爵位は子爵。
生い立ち 長門国厚狭郡生田村(のち山口県山陽小野田市)出身。
幼名は三浦團七。
長州藩の村医・三浦玄仲の長男として生まれ、22歳の時毛利敬親の侍医で日本で初めて種痘を行った蘭学者・青木周弼(1803年 - 1864年)の弟で後の宮廷大典医となる青木研藏(1815年 - 1870年)の養子となって士族となり、この際に2人の名を取り周藏と改名した。
このとき研藏の娘・テルと結婚。
留学 明倫館で学んだ後、長崎での医学修行を経て1868年(明治元年)、藩留学生としてドイツ留学。
渡独後、医学から政治、経済学に無断転科し問題となったが来独中の山縣有朋に談判して解決させた。
1872年(明治5年)、北ドイツ留学生総代となり在独留学生の専攻科目決定に介入し物議をかもす。
当時の留学生の専攻は軍事、医学に集中しており、青木の真意は日本近代化には、専攻を分散することの必要を説くことだった。

あおきしゅうぞう [生]天保15(1844).1.15.山口[没]1914.2.16.東京明治期の外交官,政治家。子爵。蘭方医三浦玄仲の長男,のち長州藩医青木研蔵の養子。明治1(1868)年医学研究のためプロシアに留学したが,同国滞在中の1873年外務省入りし,その翌年には早くもドイツ特命全権公使となり,1885年までその任にあった。次いで外務大輔,枢密顧問官さらに1889年には外務大臣となった。ときには外務卿井上馨および大隈重信のもとにおいて,あるいはその最高責任者として条約改正に尽力したが,1891年大津事件のため中途にして引責辞職。翌1892年再びドイツ特命全権公使となり,次いでベルギー,イギリスの各公使を兼務した。1894年外務大臣陸奥宗光と協力して法権を回復した日英通商航海条約を調印することに成功し,1898年外務大臣に再度就任した。この間1890年より1897年まで貴族院議員。次いで1900年枢密顧問官,1906年アメリカ特命全権大使,1908年三たび枢密顧問官を歴任した。なお,青木のドイツ滞在は留学から通算すると23ヵ年にも及び,妻もドイツ人であった。著書には『青木周蔵自伝』(板根義久校注)がある。 (引用元 コトバンク)