芸能人・経営者のおくやみ情報

深作欣二 氏

映画監督脚本家[日本]

2003年 1月12日 死去前立腺がん享年74歳

深作欣二 - ウィキペディアより引用

深作 欣二 (ふかさく きんじ、1930年〈昭和5年〉7月3日 - 2003年〈平成15年〉1月12日) は、日本の映画監督・脚本家。
愛称はサクさん。
茨城県緑岡村出身。
茨城大学教育学部附属中学校・水戸第一高等学校・日本大学芸術学部卒業。
妻は女優の中原早苗。
長男は映画監督の深作健太。
生涯 1953年(昭和28年)に東映へ入社。
1961年(昭和36年)、千葉真一の初主演作品となる『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』で監督デビュー。
千葉とはこののち17作品でコンビを組み、ヒットを連発していく。
千葉を主演に据え置き演出した映画『風来坊探偵シリーズ』『ファンキーハットの快男児シリーズ』、1966年(昭和41年)の映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』は、テレビドラマ『キイハンター』 (1968年 - 1973年) の土台となった作品で、『キイハンター』の企画にも関わり、第1,2,157,158,178話を演出した。

映画監督。1930年7月3日生まれ。茨城県水戸市出身。 日大芸術学部を卒業後、1953年東映に入社。1961年に「風来坊探偵・赤い谷の惨劇」 で監督デビュー。 1972年「軍旗はためく下に?」でタシケント映画祭平和賞。1973年からは「仁義なき戦い」以降仁義シリーズ5部作を発表。 その後、テレビ時代劇『必殺シリーズ』のシリーズ第一作『必殺仕掛人』で鮮烈なシリーズの幕開けを行い、次のシリーズである『必殺仕置人』のために深作が考案したキャラクターが「中村主水」として確立されたほか、「柳生一族の陰謀」「魔界転生」などの娯楽大作、つかこうへいの舞台を映画化した「蒲田行進曲」が日本アカデミー賞作品賞に輝く。 1997年、紫綬褒賞受賞。 2003年3月12日、監督人生41本目の『バトル・ロワイアル?』撮影中に前立腺癌により死去。 (引用元 Hatena Keyword)