訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

八木保太郎 氏(やぎやすたろう)

脚本家[日本]

1987年 9月8日 死去黒色腫享年85歳

八木保太郎 - ウィキペディアより引用
八木 保太郎(やぎ やすたろう、1903年2月3日 - 1987年9月8日)は、日本の脚本家である。
俳優を志すも助監督となり、サイレント映画時代に脚本家としてデビュー、トーキー時代に名を成し、30代で東京発声および満映の製作部長を歴任、戦後は映画界初の産別組織「日本映画演劇労働組合」委員長、日本シナリオ作家協会会長を歴任、インディペンデント製作会社「八木プロダクション」を主催した。
戦前の一時期、毛利 三郎(もうり さぶろう)、毛利 三四郎(-さんしろう)名義でも執筆した。
来歴・人物 1903年(明治36年)2月3日、群馬県群馬郡京ヶ島村大字萩原(現在の高崎市萩原町)に生まれる。
1917年(大正6年)、京ヶ島村立京ヶ島尋常高等小学校(現在の高崎市立京ヶ島小学校)を卒業、家業の農家を継ぐが、18歳のころに家出して上京、帝国劇場の建築現場などで働く。
20歳になる1923年(大正12年)7月、徴兵検査を受け、丙種合格となる。
同年9月1日に起きた関東大震災のときには、必死に馬小屋から馬を引き出したという。