芸能人・経営者のおくやみ情報

アレクサンドル・チェレプニン 氏Alexander Nikolayevich Tcherepnin

作曲家[ロシア→フランス]

1977年 9月29日 死去享年79歳

アレクサンドル・チェレプニン - ウィキペディアより引用
アレクサンドル・ニコラエヴィチ・チェレプニン(Александр Николаевич Черепнин、Alexander Nikolayevich Tcherepnin、1899年1月20日 - 1977年9月29日)は、ロシア生まれの作曲家、ピアニスト。
父は同じく作曲家のニコライ・チェレプニン(1873-1945)、三男は作曲家・シンセサイザー開発者のイワン・チェレプニン(1943-1998)。
生涯 サンクトペテルブルクに生まれ、5歳で父から音楽を教わる。
父がバレエ・リュスの指揮者だったおかげで多くの音楽家たちの薫陶を受ける。
18歳でサンクトペテルブルク音楽院に入学。
ロシア革命後の1918年、チェレプニン一家はグルジア経由でパリへ亡命。
アレクサンドルは本格的に作曲家・ピアニストとしての活動を始め、モーリス・ラヴェル、イーゴリ・ストラヴィンスキー、フランス6人組などと親交を持つ。
1933年、チェレプニンは「自ら課している技法の定石」から脱却すべく民謡に目を向けるようになり、ロシア、グルジア、アルメニア、アゼルバイジャン、ペルシャ民謡を採集した。

「アレクサンドル・チェレプニン」と関連する人物(故人)