訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フランツ・ブレンターノFranz Clemens Honoratus Hermann Brentano

哲学者心理学者[オーストリア]

1917年 3月17日 死去享年80歳

フランツ・ブレンターノ(Franz Clemens Honoratus Hermann Brentano、1838年1月16日 - 1917年3月17日)は、オーストリアの哲学者・心理学者。
その哲学思想は、エドムント・フッサールの現象学やアレクシウス・マイノングの対象論などに多大な影響を与えた。
生涯 アシャフェンブルクの生まれ。
ブレンターノ家は、イタリア出身の名門一家で、彼の伯父は、ドイツロマン主義の有名な小説家、クレメンス・ブレンターノであり彼の弟ルヨ・ブレンターノも経済学者としてその名を残している。
父であるクリスティアン・プレンターノも著述家であった。
ブレンターノ一家は、敬虔なカトリック一家で、彼もそのような雰囲気の中で育った。
ミュンヘン・ヴュルツブルク・ベルリン・ミュンスターの各大学で哲学と神学を学び1862年にテュービンゲン大学で学位取得。
1864年にカトリックの司祭に、1866年にヴュルツブルク大学に教授資格を取得。
しかし、司祭職に関しては、哲学的動機により、カトリックの教義に疑念を持つようになり、1873年に辞任した。