訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

石原純(いしわらあつし)

理論物理学者歌人[日本]

1947年 1月19日 死去享年67歳

石原 純(いしわら あつし(じゅん)、1881年1月15日 - 1947年1月19日)は、日本の理論物理学者・科学啓蒙家・歌人。
来歴・人物 東京府出身。
日本基督教会本郷教会牧師石原量の長男として生まれる。
郁文館中学、一高を経て、1906年7月 東京帝国大学理科大学卒業。
長岡半太郎に学ぶ。
東北帝国大学助教授時代にヨーロッパに留学し、アインシュタインらのもとで学ぶ。
1922年には、アインシュタインの来日講演の通訳をした。
日本に相対性理論を紹介するなど、物理学の啓蒙に大きな役割を果たした。
1931年から雑誌『科学』(岩波書店)の初代編集主任を務めた。
歌人としては、一高時代に伊藤左千夫に入門し、『アララギ』の発刊に参加。
初期の主要同人となった。
1921年、妻子を持つ身ながら歌人・原阿佐緒と恋愛事件を起こし、大学を辞職。
以後は著作活動をおこなう。
島木赤彦や斎藤茂吉の説得を受け付けず阿佐緒との同棲を続け、やがてアララギを脱会に至る。
このスキャンダルはアララギを揺るがす問題となり、二人を擁護した古泉千樫や三ヶ島葭子までもがアララギを離れることとなった。