芸能人・経営者のおくやみ情報

竹田圭吾 氏(たけだけいご)

ジャーナリスト[日本]

2016年 1月10日 死去膵臓がん享年53歳

竹田圭吾 - ジャーナリスト

竹田 圭吾(たけだ けいご、1964年12月30日 - 2016年1月10日)は、日本のジャーナリスト。
2001年から2010年まで『ニューズウィーク日本版』編集長を務めた。
東京都中央区生まれ。
芝中学校・高等学校、慶應義塾大学文学部史学科卒業。
大学卒業後、『月刊タッチダウン』の記者を経て、1993年、TBSブリタニカに入社、『ニューズウィーク日本版』編集部に入る。
1998年に副編集長、2001年から2010年10月まで編集長を務めた。
その後フリーランスとなり、主にテレビの情報番組でコメンテーターとして活動。
2010年10月6日より、東京都中央区教育委員を務めた。
2013年秋、体調不良を理由に一時休養したが、2014年春にテレビ・ラジオ番組に復帰。
2015年9月27日、コメンテーターとして出演するフジテレビ系の情報番組『Mr.サンデー』において、自らががん治療中でかつらを着用していることを告白した。
2016年1月10日14時すぎ、膵臓癌のため東京都内の病院で死去。
51歳没。
主張 2013年4月29日に行われた内閣総理大臣安倍晋三とロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンの共同記者会見で、TBS記者が第三国による地熱・風力発電施設建設受注が及ぼす領土交渉への影響に関して質問した際、インターネット上では「プーチンを怒らせた」として同記者に対する批判が巻き起こった。

日本のジャーナリスト。1964年、東京都生まれ。慶応義塾大学卒業後、スポーツ雑誌を経て、93年にTBSブリタニカ(現CCCメディアハウス)に入社。「ニューズウィーク日本版」編集部で国際情勢や社会問題などを取材し、2001年からは編集長を務めた。10年に退社後はテレビやラジオで活躍し、フジテレビ系の情報番組「とくダネ!」「Mr.サンデー」などにコメンテーターとして出演。14年にがんで闘病中であることを告白し、その後もテレビ出演を続けていたが、16年1月10日、膵臓がんのため死去した。享年51。 (2016-1-13) (引用元 コトバンク)

「竹田圭吾」と関連する人物(故人)