芸能人・経営者のおくやみ情報

金子繁治 氏(かねこしげじ)

元プロボクシング選手、プロモーター[日本]

2016年 1月2日 死去享年86歳

金子 繁治(かねこ しげじ、男性、1931年8月13日 - 2016年1月2日)は、日本の元プロボクサー、プロモーター。
新潟県燕市出身。
「魅惑のパンチャー」の異名を持ち、昭和30年代の日本プロボクシング界のスターとして活躍した。
全日本新人王決定戦を制したボクサーとして、初めてOBF東洋王座を獲得した。
現役時代は当時の世界フェザー級王者サンディ・サドラー(アメリカ合衆国)とノンタイトル戦で対戦したこともある。
後の世界ジュニアライト級王者フラッシュ・エロルデ(フィリピン)に対しては4戦無敗と圧倒的な実力を示したが、網膜剥離を患い現役引退した。
現役時代は世界タイトルへの挑戦こそ叶わなかったが、引退後、金子ボクシングジムを設立、ジム初代会長として東洋バンタム級王者・村田英次郎や東洋太平洋クルーザー級王者・高橋良輔らを輩出している。
長男に金子ジム現会長の金子健太郎、次男にマネージャー兼トレーナーの金子賢司。
プロデビュー 1950年4月、笹崎ボクシングジム所属でプロデビュー。