芸能人・経営者のおくやみ情報

前田祐吉 氏(まえだゆうきち)

元慶応大学野球部監督[日本]

2016年 1月7日 死去享年87歳

前田 祐吉(まえだ ゆうきち、1930年9月22日 - 2016年1月7日)は、日本のアマチュア野球選手、野球指導者。
慶應義塾大学野球部で選手、監督を務めた。
高知県高知市出身。
高知県立高知城東中学校のエースとして1946年の第28回全国中等学校優勝野球大会に出場。
これは高知県勢で春夏通じて初めての全国大会出場だった(この年甲子園球場はGHQが接収中のため、阪急西宮球場で開催)。
慶大へ入学し東京六大学リーグで投手として10試合登板し2勝1敗。
卒業後は社会人野球のサッポロビールに進む。
1960年に慶大の第9代監督に就任、その年秋に早慶六連戦を指揮。
1965年まで6年の任期中東京六大学野球リーグ優勝を3回果たした。
その後1982年に2度目の監督就任。
当時の慶大は前年に東大に勝ち点を献上するなど最下位に沈み、まさにどん底にあった。
チームの再建を期待された前田は選手の個性を巧みに引き出し、就任4年目の1985年秋季リーグ戦でチーム2度目の10勝無敗優勝、明治神宮野球大会でも初優勝を果たし見事にチームを復活させた。