芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・ジェームズWilliam James

哲学者心理学者[アメリカ]

1910年 8月26日 死去享年69歳

ウィリアム・ジェームズ - ウィキペディアより引用
ウィリアム・ジェームズ(William James、1842年1月11日 - 1910年8月26日)は、アメリカを代表する哲学者・心理学者。
意識の流れの理論を提唱し、ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』など、アメリカ文学にも影響を与えた。
パースやデューイと並ぶプラグマティストの代表として知られている。
弟は小説家のヘンリー・ジェームズ。
著作は哲学のみならず心理学や生理学など多岐に及んでいる。
日本の哲学者、西田幾多郎の「純粋経験論」に示唆を与えるなど、日本の近代哲学の発展にも少なからぬ影響を及ぼした。
夏目漱石も、影響を受けていることが知られている。
後の認知心理学における記憶の理論、トランスパーソナル心理学に通じる『宗教的経験の諸相』など、様々な影響をもたらしている。
ジェームズは1875年には、アメリカで初の心理学の講義を開始し、研究室を設けた。
ドイツのヴィルヘルム・ヴントが研究室を用意したのは、この4年後の1879年である。
生涯 ジェームズは神学者ヘンリー・ジェームズ・シニアの長男として、1842年、ニューヨークに生まれた。