芸能人・経営者のおくやみ情報

ピエール・ブーレーズ 氏Pierre Boulez

作曲家指揮者[フランス]

2016年 1月5日 死去享年92歳

ピエール・ブーレーズ - ウィキペディアより引用
ピエール・ブーレーズ(ブレーズ、ブゥレーズとも表記される。
前の長音は後ろの長音の半分の長さであると本人は語っている Pierre Boulezの発音例)(Pierre Boulez、1925年3月26日 - 2016年1月5日)は、フランスの作曲家および指揮者。
パリ国立高等音楽院でアンドレ・ヴォラブール(アルテュール・オネゲルの妻)とオリヴィエ・メシアンに対位法や作曲を師事するが中退し、ルネ・レイボヴィッツ(レボヴィツ、レボヴィス)にセリアリスムを学ぶ。
作曲の弟子にはバーゼルの音楽大学で教えたハインツ・ホリガーがいる。
ダルムシュタット夏季現代音楽講習会でその初期から活躍し注目される。
シュトックハウゼンと共鳴するが、ノーノとは鋭く対立している。
初期にはヴェーベルンの極小セリー形式から出発。
シェーンベルクの音楽に対しては次第に批判的となる。
また、後にはドビュッシーやストラヴィンスキーの再評価に務めた。
詩人では最初にルネ・シャールを取り上げるが、後にはステファヌ・マラルメによる作品を書き、指揮活動としても徐々に前の時代の作曲家へと遡って評価する姿勢が見られる。