芸能人・経営者のおくやみ情報

佐伯彰一 氏(さえきしょういち)

アメリカ文学者、文芸評論家[日本]

2016年 1月1日 死去肺炎享年95歳

佐伯 彰一(さえき しょういち、1922年〈大正11年〉4月26日 - 2016年〈平成28年〉1月1日)は、日本のアメリカ文学者、東京大学名誉教授、比較文学研究者、文芸評論家。
富山県出身。
古代日本に存在した佐伯部の子孫で神官の家柄。
旧制富山高校を経て、東京帝国大学英文科、同大学院修了、東京都立大学助教授を67年に辞職、トロント大学客員教授として日本文学を教えたあと、1968年東京大学教養学部教授、1976年から大学院比較文学比較文化研究室主任。
1983年定年退官後は中央大学教授を1993年まで勤め、世田谷文学館館長、2007年同名誉館長。
三島由紀夫文学館初代館長。
1980年『物語芸術論』で読売文学賞、82年日本芸術院賞、86年『自伝の世紀』で芸術選奨文部大臣賞受賞。
88年より日本芸術院会員。
1994年勲三等旭日章受章。
1958年、篠田一士、村松剛らと雑誌『批評』を創刊し、批評活動を行った。
日米関係を軸とした比較文学、伝記批評と分析批評の融合などを試みるが、1970年代以降は自伝や伝記研究に重点をおき、その方面での著作があった。

さえき-しょういち 1922-昭和後期-平成時代のアメリカ文学者,文芸評論家。大正11年4月26日生まれ。都立大(現首都大学東京)教授をへて,昭和43年東大教授,58年中央大教授。平成7年世田谷文学館長。現代アメリカをとおしてみた日本文学の特質を追究する。昭和55年「物語芸術論」で読売文学賞,57年批評家としての業績により芸術院賞。63年芸術院会員。東京出身。東京帝大卒。著作はほかに「日本人の自伝」など。 (引用元 コトバンク)