訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

大橋翠石

日本画家[日本]
1945年 8月31日 死去老衰享年81歳
大橋翠石 - ウィキペディアより引用
大橋 翠石(おおはし すいせき、1865年 - 1945年)は、岐阜県大垣市出身の明治から昭和にかけて活躍した日本画家。
世に「虎の翠石」と言われて名高く、その描くところの虎画は本物の虎がまるで生きているかのような躍動感がある。

翠石の前半生を記した『千里一走』によれば、若き日の彼が完成した虎画を見せられた人は驚嘆して「円山応挙ハ虎皮ヲ写シ、岸駒は虎頭ヲ写ス、翠石ノ斯ノ画ニ於ケル、遥ニ、二者ニ超越シテ、全身ノ活現毫モ間然スル所ナシ、ソノ手法ノ非凡ナル、古人亦遠ク逮ハス」と激賞したという。

緻密な毛書きが施された虎画は1900年(明治33年)にパリ万国博覧会 (1900年) パリ万国博覧会で絶賛されて優勝金牌を受賞し、続いてセントルイス万国博覧会、日英博覧会などの国際博覧会でも連続して優勝金牌を受賞した。
また金子堅太郎(子爵)が大橋翠石の後見人となり、彼の作品を先の国際博覧会へ出展させたり宮中へ納めるために尽力した。
その結果、明治天皇や皇后、朝鮮の李王家などにも絵を献上している。
1912年(大正元年)に郷里の岐阜県大垣市から神戸市須磨に移住し、翠石の画業の中心は神戸市へと移った。
この神戸で、従来の日本画放れした背景表現に特色を持つ、独自の絵画様式を完成させた。
本名は大橋卯三郎であり、通称として宇一郎が用いられた。

題名
大橋翠石 (1981年) (岐阜県郷土画人伝〈第1冊〉)
著者
青木弥太郎
発売元
美濃南画会
発売日
1981-11
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP