訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

カール・ロジャーズ 氏Carl Ransom Rogers

臨床心理学者[アメリカ]

1987年 2月4日 死去享年86歳

カール・ロジャーズ - ウィキペディアより引用
『カール・ロジャース』より : カール・ロジャーズ(Carl Ransom Rogers, 1902年1月8日 - 1987年2月4日)は、アメリカ合衆国の臨床心理学者。
来談者中心療法(Client-Centered Therapy)を創始した。
カウンセリングの研究手法として現在では当然の物となっている面接内容の記録・逐語化や、心理相談の対象者を患者(patient)ではなくクライエント(来談者:client)と称したのも彼が最初である。
1982年、アメリカ心理学会による調査「20世紀にもっとも影響の大きかった心理療法家」では第一位に選ばれた。
学生時代に1度、その後も2度来日している。
生涯 イリノイ州オークパークにてプロテスタントの宗教的に厳格な家庭に生まれる。
1919年にウィスコンシン大学に進学し、父の農園を継ぐために農学を専攻するが、YMCA活動を通じて、キリスト教に興味が移り、牧師を目指すために、史学に専攻を変える。
ウィスコンシン大学を卒業した2ヵ月後に、妻ヘレンと結婚する。
ユニオン神学校に入学するが、牧師を目指す道に疑問を感じ、コロンビア大学教育学部で臨床心理学を学び、在学中ニューヨーク児童相談所の研修員になる。