芸能人・経営者のおくやみ情報

ハンス・フォン・ビューローHans Guido Freiherr von Bülow

指揮者ピアニスト[ドイツ]

1894年 2月12日 死去享年65歳

ハンス・フォン・ビューロー - ウィキペディアより引用
ハンス・ギードー・フォン・ビューロー男爵(Hans Guido Freiherr von Bülow [ˈbyːloˑ], 1830年1月8日 ドレスデン - 1894年2月12日 カイロ)は、ドイツの指揮者、ピアニスト。
現在の職業指揮者の先駆的存在で、ビューローが登場するまで、作曲家と演奏家の分業化は明確でなく、オーケストラの指揮は作曲家自身によることが多かった。
有名なドイツの作曲家ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、ヨハネス・ブラームスを総称して「ドイツ3B」と名付けたことでも知られる。
9歳でフリードリヒ・ヴィーク(クララ・シューマンの父)にピアノを師事。
両親が法律を勉強し重要な職業を選び、音楽は趣味にとどめておくことを強く希望したためライプツィヒ大学で法律を学びながら音楽の勉強を続ける。
母親であるビューロウ夫人あてにワーグナーやリストからの彼の音楽の才能についての手紙がよせられている。
ピアノ演奏でフランツ・リストに賞賛され、その知遇を得る。
リストが庇護していたリヒャルト・ワーグナーにも心酔し、指揮を学ぶ。