芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージGiovanni Battista Pergolesi

オペラ作曲家[イタリア]

1736年 3月17日 死去享年27歳

ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ - ウィキペディアより引用
ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ(Giovanni Battista Pergolesi, 1710年1月4日 - 1736年3月17日)は、イタリアのナポリ楽派オペラ作曲家。
ペルゴレーシとも呼ばれる。
モーツァルトやロッシーニらに続くオペラ・ブッファの基礎を築き、甘美な旋律にあふれたオペラを作曲した。
短い生涯であったのにも拘らず、古典派音楽の様式を最も早く示した人物として音楽史に名を遺している。
生涯 マルケ州の町イェージに生まれ、幼い頃から音楽の才能を現し、ナポリ音楽院に入学する。
1731年に卒業し、卒業作品として音楽劇『グリエルモ・ダキタニアの改心』を作曲。
同年、初のオペラ『サルスティア』を初演するも不評に終わった。
1732年、オペラ・ブッファ『妹に恋した兄』を初演し最初の成功を収めた。
1733年8月28日、サン・バルトロメオ劇場でオペラ『誇り高き囚人』を初演。
失敗に終わったにもかかわらず、この作品の幕間劇として作曲された『奥様女中 La Serva Padrona』が歴史的な大成功を収め、オペラの歴史に大きな変革をもたらした。
  • 題名
    はっち訳『奥様女中』
    著者
    ジェンナーロ・アントニオ・フェデリーコ
    発売元
    はっち企画
    発売日
    2014-02-23
    新品価格
    より
    中古商品
    より

「ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ」と関連する人物(故人)