訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

高松宮宣仁親王 氏(たかまつのみやのぶひとしんのう)

皇族[日本]

1987年 2月3日 死去肺がん享年83歳

高松宮宣仁親王 - ウィキペディアより引用
高松宮宣仁親王(たかまつのみや のぶひとしんのう、1905年(明治38年)1月3日 - 1987年(昭和62年)2月3日)は、日本の皇族。
大正天皇と貞明皇后の第三皇子。
今上天皇の叔父にあたる。
有栖川宮の祭祀を継承。
妃は公爵・徳川慶久の次女・喜久子。
御称号は光宮(てるのみや)。
身位は親王。
お印は若梅(わかうめ)。
栄典は大勲位功四級。
生涯 有栖川宮との関係 1905年(明治38年)1月3日、当時の皇太子嘉仁親王の第三皇子として青山東宮御所で誕生。
幼称(御称号)を光宮(てるのみや)といった。
高松宮は四親王家の一つ、有栖川宮の旧宮号であるが、宣仁親王が有栖川宮の祭祀を継承したのには故がある。
1913年(大正2年)、有栖川宮第10代・威仁親王が後嗣・栽仁王に先立たれたまま薨去したが、当時は旧皇室典範によって皇族の養子縁組が禁じられていたため、有栖川宮は断絶が確定した。
しかし、大正天皇は、幟仁、熾仁、威仁三親王の幕末以降の功労に鑑み、威仁親王薨去の翌日(10日まで喪が秘されたため、公には「御重体」のまま)である7月6日に特旨をもって当時8歳だった第三皇子の宣仁親王に高松宮の号を与え、有栖川宮の祭祀を将来的に宣仁親王に受け継がせることとなった。
題名
高松宮日記(全8巻)
著者
高松宮宣仁親王
発売元
中央公論新社
発売日
1998-02
新品価格
より
中古商品
¥ 3,593 より
題名
九十六年なんて、あっと言う間でございます―高松宮宣仁親王妃喜久子殿下との思い出
著者
岩崎藤子
発売元
雄山閣
発売日
2008-04
新品価格
¥ 1,944 より
中古商品
¥ 142 より
題名
高松宮日記 (第7巻) 昭和十八年十月〜十九年十二月
著者
高松宮宣仁親王
発売元
中央公論社
発売日
1997-07-25
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
高松宮日記〈第4巻〉 昭和十七年一月〜九月
著者
高松宮宣仁親王
発売元
中央公論社
発売日
1996-07-25
新品価格
¥ 9,679 より
中古商品
¥ 1 より
題名
高松宮日記〈第6巻〉 昭和十八年二月〜九月
著者
高松宮宣仁親王
発売元
中央公論社
発売日
1997-03-25
新品価格
¥ 3,984 より
中古商品
¥ 1 より
題名
高松宮宣仁親王
著者
発売元
朝日新聞社
発売日
1991-03
新品価格
より
中古商品
¥ 864 より
題名
高松宮日記 (第3巻) 昭和十五年〜十六年
著者
高松宮宣仁親王
発売元
中央公論社
発売日
1995-11-25
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
高松宮宣仁親王殿下―特別写真集
著者
毎日新聞社「高松宮宣仁親王殿下」特別写真集刊行委員会
発売元
毎日新聞社
発売日
1988-01
新品価格
より
中古商品
¥ 20,679 より
題名
高松宮宣仁親王
著者
発売元
朝日新聞社
発売日
1988-01
新品価格
より
中古商品
¥ 9,000 より
題名
高松宮宣仁親王 (皇族軍人伝記集成)
著者
佐藤元英
発売元
ゆまに書房
発売日
2012-03
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP