芸能人・経営者のおくやみ情報

レイ・ミランド 氏Ray Milland

俳優[イギリス]

1986年 3月10日 死去肺がん享年80歳

レイ・ミランド - ウィキペディアより引用

レイ・ミランド(Ray Milland, 出生名: Reginald Alfred Truscott-Jones, 1907年1月3日 - 1986年3月10日)は、イギリス・ウェールズ出身の俳優。
主にハリウッドで活躍した。
カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞と米国アカデミー賞主演男優賞の両方を受賞した初めての俳優である。
また、オスカーを受賞した最初のウェールズ出身の人間である。
父は溶鉱炉の設計士。
ロンドンのキングズ・カレッジ卒業後、近衛騎兵連隊に入り3年務めた後に、たまたま映画スタジオにいる女友達のエステル・ブロディを訪れたところをスカウトされる。
1929年にスパイク・ミランドの芸名で英国映画界入り。
数度芸名を変え、レイ・ミランドになった経緯は、諸説あり。
数本を撮ったあと、脚本家のアニタ・ルースの勧めで1930年にハリウッドに進出。
1931年にメトロ・ゴールドウィン・メイヤーと契約した。
1932年までに8本の映画に出演したが芽が出ずクビになり、一度英国に戻るが、もう一度ハリウッドで勝負しようと再び渡米して、本格的にデビューする。

  • 題名
    絶海の嵐 [DVD]
    歌手
    発売元
    ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
    発売日
    2006年1月27日
    新品価格
    ¥ 1,084 より
    中古商品
    ¥ 798 より

Ray Milland イギリス出身、アメリカで活動した俳優。  1905年1月3日、ウェールズ出身。本名レジナルド・アルフレッド・ジョン・トラスコット=ジョーンズ。  ビリー・ワイルダーの『失われた週末』でアカデミー賞受賞。  1986年3月10日没。 主な映画出演作: ボレロ (1934) ボー・ジェスト (1939) 絶海の嵐 (1942) 恐怖省 (1944) 失われた週末 (1945) 大時計? (1948) ダイヤルMを廻せ! (1954) 夢去りぬ(1955) 性本能と原爆戦 (1962) X線の眼を持つ男? (1963) ある愛の詩 (1970) 吸血の群れ (1972) ゴールド (1974) (引用元 Hatena Keyword)