芸能人・経営者のおくやみ情報

アンリ・マティス 氏Henri Matisse

画家[フランス]

1954年 11月3日 死去享年86歳

アンリ・マティス - ウィキペディアより引用

アンリ・マティス(Henri Matisse, 1869年12月31日 - 1954年11月3日)は、フランスの画家。
フォーヴィスム(野獣派)のリーダ-的存在であり、野獣派の活動が短期間で終わった後も20世紀を代表する芸術家の一人として活動を続けた。
自然をこよなく愛し「色彩の魔術師」と謳われ、緑あふれる世界を描き続けた画家であった。
彫刻および版画も手がけている。
生涯 1869年、フランス・ノール県のル・カトー=カンブレジ ( フランス語 Le Cateau-Cambrésis) に生まれる。
はじめ法律家を志すが、1890年、盲腸炎の療養中に絵画に興味を持ち、画家に転向する決意をする。
まず1891年にパリの私立美術学校であるアカデミー・ジュリアンに入学し、絵画を学びつつ官立美術学校であるエコール・デ・ボザールへの入学を目指した。
ボザールへの入校は許可されなかったが、熱意を評価した教官ギュスターヴ・モローから特別に個人指導を請ける事ができた。
この時、ボザールに入校してモローの指導を受けていたジョルジュ・ルオーとは生涯の友情を結ぶ。

Henri Matisse 芸術家。 1869年12月31日、生まれ。1954年11月3日、死去。 20世紀前半の美術を代表する芸術家の一人。 1905年、サロン・ドートンヌ(秋の展覧会)のとき最年長であったアンリ・マティスは、フォーヴィスムの中心人物と見做され、彼の出品した『帽子の女』は批評家ジュフロワに「色彩の奇行のなかで錯乱している」と酷評された。 出品作でないが、『帽子の女』と同じように妻をモデルにした『緑のすじのあるマティス夫人像』は、鼻すじをとおる緑の軸線が顔面を左右に色違いで分けて驚かされる。マティスは「こんな人に出会ったら私も逃げ出すだろう」と他人事のように語った。 フォーヴィスムは1903年頃から1907年頃にかけての短命な絵画傾向だった。彼らは青春の爆発を終えたかのように、その後は色調を変え技法を変えながら、それぞれの方向へすすむ。しかし、フォーヴィスムという色彩の革命の中心にあったマティスは、その後も色彩の造形をめざす実験を止めなかった。自分の感覚を調和と構成、和音と装飾という色彩の要素を考えて表現する。とくに装飾的な要素は単純化を求める一方で、『なすのある室内』のように、彼の好んだアラベスク(曲がりくねったような)なパターンと室内の諸要素の組み合わせが、華麗な幻覚のように複雑な魅力を発揮する例もある。 人々の疲れをいやす「よい肘掛け椅子」のような芸術をめざしたい、と彼は語った。かつて野獣と呼ばれた男の意外な言葉である。 大戦後もフランスに留まった彼は、1941年に腸疾患の大きな手術を受けたが芸術における精神はなおも活気づいている。体力の消耗 …… (引用元 Hatena Keyword)