芸能人・経営者のおくやみ情報

金重陶陽 氏

備前焼陶芸家[日本]

1967年 11月6日 死去享年71歳

金重 陶陽(かねしげ とうよう、1896年(明治29年)1月3日 - 1967年(昭和42年)11月6日)は、岡山県出身の陶芸家。
備前焼の陶工として初めて人間国宝となった。
本名は金重 勇(かねしげ いさむ)。
江戸時代中期以降伊万里焼や九谷焼などに押されて人気を失っていた備前焼を再興させることに成功し「備前焼中興の祖」と称される。
自らが優れた陶工であっただけでなく、多くの弟子を育て、その中から次々と人間国宝を輩出するなど備前焼の歴史上果たした功績は計り知れない。
陶陽の弟の金重素山、長男の金重道明、三男の金重晃介もそれぞれ陶芸家である。
北大路魯山人やイサム・ノグチらとも親交があり、彼らの芸術性に影響を受けた一方、彼らが備前焼を世に知らしめる役割を果たしている。
1896年 - 父金重慎三郎(号媒陽)、母竹能の元に長男として生まれる。
金重家は備前六姓のひとつ。
1901年(5歳) - 焼物に興味を持ち土いじりを始める。
1907年(11歳) - カメ、カブトを博覧会に出品受賞する。
1909年(13歳) - 弟七郎左衛門(素山)生まれる。