芸能人・経営者のおくやみ情報

パブロ・カザルス 氏Pablo Casals

チェロ奏者指揮者[スペイン]

1973年 10月22日 死去享年98歳

パブロ・カザルス - ウィキペディアより引用

パブロ・カザルス(Pablo Casals、カタルーニャ語:Pau Casals, 1876年12月29日 - 1973年10月22日)は、スペインのカタルーニャ地方に生まれたチェロ演奏家、指揮者、作曲家。
カタルーニャ語によるフルネームはパウ・カルラス・サルバドー・カザルス・イ・ダフィリョー(Pau Carles Salvador Casals i Defilló)。
チェロの近代的奏法を確立し、深い精神性を感じさせる演奏において20世紀最大のチェリストとされる。
有名な功績として、それまで単なる練習曲と考えられていたヨハン・ゼバスティアン・バッハ作『無伴奏チェロ組曲』(全6曲)の価値を再発見し、広く紹介したことがあげられる。
早くから世界的名声を築き、ヨーロッパ、南北アメリカ、ロシアなどを演奏旅行して回った。
指揮者フルトヴェングラーはチェロ奏者としてのカザルスへ次のような賛辞を残している。
「パブロ・カザルスの音楽を聴いたことのない人は、弦楽器をどうやって鳴らすかを知らない人である」。
カザルスは平和活動家としても有名で、音楽を通じて世界平和のため積極的に行動した。

Pablo Casals, 1876年-1973年 スペイン出身の音楽家。クラシック音楽の奏者で、指揮者でもある。特にチェリストとしては、埋もれていたJ.S.バッハの『無伴奏チェロ組曲』を「再発見」したことで知られる。 カタルーニャ*1地方出身のカザルスは、1936年にスペイン内戦が起こるとフランスに亡命。1945年、フランコ将軍がスペインに独裁をしいていることに抗議して演奏活動を休止。1971年10月24日、国連本部において「カタルーニャの鳥は、ピース、ピースと鳴くのです」と語りかけ、平和を願って「鳥の歌」を演奏したことはつとに有名。 (引用元 Hatena Keyword)

「パブロ・カザルス」と関連する人物(故人)