芸能人・経営者のおくやみ情報

チャールズ・バベッジCharles Babbage

数学者[イギリス]

1871年 10月18日 死去享年81歳

チャールズ・バベッジ - ウィキペディアより引用

チャールズ・バベッジ(Charles Babbage、FRS、1791年12月26日 - 1871年10月18日)は、イギリスの数学者。
分析哲学者、計算機科学者でもあり、世界で初めて「プログラム可能」な計算機を考案した。
「コンピュータの父」と言われることもあり、初期の機械式計算機を発明し、さらに複雑な設計に到達した。
その完成しなかった機械の一部はサイエンス・ミュージアムに展示されている。
1991年、バベッジの本来の設計に基づいて階差機関が組み立てられ、完全に機能した。
これは19世紀当時の技術の精度に合わせて作られており、バベッジのマシンが当時完成していれば動作していたことを証明した。
9年後、サイエンス・ミュージアムはバベッジが階差機関用に設計したプリンターも完成させた。
誕生 ロンドンに生を受ける。
正確な生誕地については議論があるが、ロンドンの 44 Crosby Row, Walworth Road ではないかとされている。
ラーコム・ストリートとウォルワース・ロードの交差点付近に生誕を記念したブルー・プラークがある。

解析エンジンの考案者。産業革命期のイギリスに生まれたチャールズ・バベッジ氏は、1810年、ケンブリッジ大学に入学し、数学を学んだ。在学中、解析数学学会を設立するなど、英国学会の革新運動に貢献している。卒業後は、対数表の作成や計算機の開発に取り組んだ。当時、科学研究や建築、機械設計などの分野で対数表や三角関数表の正確さが求められていたためである。そして1834年、解析エンジンの構想を発表する。解析エンジンは完成しなかったが、1991年になってロンドン科学博物館が、残された設計図をもとに解析エンジンを復元したところ、いくつかの間違いはあったものの、正しく動作した。現在では、コンピューターの設計を最初に行った人物として評価されており、「コンピューターの父」と呼ばれている。 (引用元 コトバンク)