芸能人・経営者のおくやみ情報

司馬遼太郎 氏(しばりょうたろう)

作家、元新聞記者[日本]

1996年 2月12日 死去腹部大動脈瘤破裂享年72歳

司馬遼太郎 - ウィキペディアより引用

司馬 遼太郎(しば りょうたろう、1923年(大正12年)8月7日 - 1996年(平成8年)2月12日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家。
本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。
大阪府大阪市生まれ。
筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。
産経新聞社記者として在職中に、『梟の城』で直木賞を受賞。
歴史小説に新風を送る。
代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など多くがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。
『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行った。
生い立ち 1923年(大正12年)8月7日、大阪府大阪市浪速区西神田町(現・塩草)に、薬局を経営する父・福田是定(薬剤師)、母・直枝の次男として生まれた。
兄がいたが2歳で早世し、姉、妹が一人ずついる。
乳児脚気のために3歳まで奈良県北葛城郡當麻町(現・葛城市)の母の実家に里子に出されていた。
1930年(昭和5年)、大阪市難波塩草尋常小学校(現・大阪市立塩草立葉小学校)に入学。

【しば・りょうたろう】(1923-1996) 小説家のちエッセイスト。 1923年(大正12年)8月7日、大阪に生まれる。本名・福田定一。大阪外国語学校(現・大阪大学)蒙古語科卒業。 学徒出陣で卒業後、陸軍に入り、のち満州行き、終戦時は本土の戦車第1連隊所属。 復員後、新日本新聞社をへて産業経済新聞社入社。昭和36年(1961年)退社。 昭和35年、「梟の城」で第42回直木賞受賞。41年、「竜馬がゆく」「国盗り物語」で菊池寛賞受賞。47年、「世に棲む日々」を中心にした作家活動で吉川英治文学賞受賞。51年、日本芸術院恩賜賞受賞。56年、日本芸術院会員。57年、「ひとびとの跫音」で読売文学賞受賞。58年、「歴史小説の革新」についての功績で朝日賞受賞。59年、「街道をゆく 南蛮のみち」で日本文学大賞受賞。62年、「ロシアについて」で読売文学賞受賞。63年、「韃靼疾風録」で大佛次郎賞受賞。平成3年、文化功労賞。平成5年、文化勲章受章。 1996年(平成8年)2月12日没。この2月12日の命日は、司馬遼太郎が愛した野の花にちなんで『菜の花忌』と名づけられた。 (引用元 Hatena Keyword)