芸能人・経営者のおくやみ情報

エマーヌエール・ラスカーEmanuel Lasker

チェス棋士数学者[ドイツ]

1941年 1月11日 死去享年74歳

エマーヌエール・ラスカー - ウィキペディアより引用
エマーヌエール・ラスカー(Emanuel Lasker, 1868年12月24日 - 1941年1月11日)はユダヤ系ドイツ人の数学者・チェスプレーヤー。
ブランデンブルク州ベルリーンヒェン Berlinchen(現ポーランド・バルリネク Barlinek)に生まれた。
哲学・数学を学んだ。
国際チェス競技で九回優勝した後、1894年選手権を獲得したが、1921年キューバのホセ・カパブランカに敗れた。
ナチス政権下のユダヤ人迫害を受けて1933年イギリスに、1935年にはソ連のモスクワに、1937年にはアメリカのニューヨークに移住し、同地で没した。
逸話 ラスカーは心理学の要素をチェスに持ち込み、対戦相手のスタイルを綿密に研究した上で試合に挑んだ。
チェスは偶然の要素がほとんどないゲームだが、ラスカーは人間同士のチェスにおいては心理状態が重要な要素となることを心得ていた。
彼は序盤戦の準備にはあまり意味を認めていなかったが、これはわざと劣勢な序盤戦を展開することで、相手の裏をかく狙いがあったためであるとも言われている。