訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジェームズ・プレスコット・ジュールJames Prescott Joule

物理学者[イギリス]

1889年 10月11日 死去享年72歳

ジェームズ・プレスコット・ジュール - ウィキペディアより引用
ジェームズ・プレスコット・ジュール(英: James Prescott Joule, 1818年12月24日 - 1889年10月11日)はイギリスの物理学者。
生涯、大学などの研究職に就くことなく、家業の醸造業を営むかたわら研究を行った。
ジュールの法則を発見し、熱の仕事当量の値を明らかにするなど、熱力学の発展に重要な寄与をした。
熱量の単位ジュールに、その名をとどめる。
生涯 生い立ち 1818年、マンチェスター近郊のサルフォードにて裕福な醸造家の次男として誕生。
マンチェスター文学科学協会に所属した醸造業者だった。
病弱であったため正規の学校教育は全く受けず、自宅にて家庭教師について学習を行った。
家庭教師の1人には、原子論で有名なジョン・ドルトンがいた(1834年から3年間、科学や数学の初歩を学んだ。
)。
成人後は、家業の醸造業を営むかたわら、自宅の一室を改造した研究室で実験を行った。
ジュールの法則 ジュールがはじめに取り組んだのはボルタ電池を使った電動機(モータ)の実験であった。

↑ PAGE TOP