芸能人・経営者のおくやみ情報

藤山寛美 氏(ふじやまかんび)

喜劇俳優[日本]

1990年 5月21日 死去肝硬変享年62歳

藤山寛美 - ウィキペディアより引用

藤山 寛美(ふじやま かんび、本名:稲垣 完治(いながき かんじ)、1929年6月15日 - 1990年5月21日)は、大阪府大阪市西区出身の喜劇役者。
戦後昭和の上方喜劇界を代表する喜劇役者であり、弟子にはな寛太・いま寛大のはな寛太、山崎海童らがいる。
女優の藤山直美は娘。
俳優の藤山扇治郎は孫。
芸風 永年にわたり松竹新喜劇の大スターとして活躍。
阿呆役を演じれば天下一品で、「あほの寛ちゃん」として人気を博した。
「桂春団治」の酒屋の小僧なども絶品である。
来歴・生涯 華々しくデビュー 1929年(昭和4年)、関西新派「成美団」の俳優・藤山秋美の末の息子として生まれる。
母は新町のお茶屋「中糸」の女将・稲垣キミ。
父の病没した1933年(昭和8年)、花柳章太郎の命名で父の藤山を継承し芸名を「藤山寛美」とし、翌年1月に4歳で初舞台に立つ。
関西新派の都築文男に師事し、13歳で渋谷天外 (2代目)に誘われて松竹家庭劇に移るまで師弟関係にあった。
大阪大空襲で大阪の芝居小屋が焼け落ちた事もあり、1945年(昭和20年)3月に皇軍慰問隊の一員として旧満州に渡ったが、奉天(現在の瀋陽)で終戦を迎え、一時期ソ連軍に抑留される。

ふじやまかんび [生]1929.6.15.大阪[没]1990.5.21.大阪喜劇俳優。本名稲垣完治。関西新派俳優藤山秋美の子で,4歳で初舞台。中学を中退して,1941年松竹家庭劇に入団,48年松竹新喜劇創立に参加。59年,テレビ番組『親バカ子バカ』で師匠2世渋谷天外を父役に阿呆息子を演じ,以後,阿呆役を中心に新喜劇の花形スターの座につく。66年4月私生活上の理由から劇団を除籍されるが,同年11月に復帰,病床にあった天外に代って劇団を率い,新喜劇の黄金時代を築いた。無類の間(ま)のよさと愛嬌を持ち味とし,観客リクエストによる即席公演を行うなど斬新なアイデアにすぐれた。代表作に『花の六兵衛』『花ざくろ』『桂春団治』など。 (引用元 コトバンク)