芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャン=フランソワ・シャンポリオンJean-François Champollion

考古学者・古代エジプト研究[フランス]

1832年 3月4日 死去コレラ享年43歳

ジャン=フランソワ・シャンポリオン - ウィキペディアより引用
ジャン=フランソワ・シャンポリオン(Jean-François Champollion、1790年12月23日 - 1832年3月4日)は、フランスの古代エジプト学の研究者。
ロゼッタ・ストーンを解読し、ヒエログリフ(古代エジプト象形文字)を解明したことで知られ、「古代エジプト学の父」と言われている。
生涯 1790年、フランスのロット県フィジャックに生まれる。
少年時代から非凡な語学的才能を示し、9歳でラテン語を話したという。
グルノーブルの高等学校で、中国語を含む多くの古代語を学んだ。
18歳の時には、出回っていたロゼッタストーンのコピーの一部を手に入れていた。
20歳までにラテン語、ギリシア語、ヘブライ語、アムハラ語、サンスクリット語、アヴェスタ語、パフラヴィー語、アラビア語、シリア語、ペルシア語、中国語などを習得していた。
コプト語などの東洋語に対する関心を持っており、発見されたばかりのロゼッタ・ストーンをイゼール県知事だった数学者ジョゼフ・フーリエに見せてもらって以来、そこに書かれている文字(ヒエログリフ)の解読に取り組み始めた。

「ジャン=フランソワ・シャンポリオン」と関連する人物(故人)