芸能人・経営者のおくやみ情報

朝河貫一(あさかわかんいち)

歴史学者[日本]

1948年 8月10日 死去享年76歳

朝河貫一 - ウィキペディアより引用

朝河 貫一(あさかわ かんいち、1873年(明治6年)12月20日 - 1948年(昭和23年)8月10日)は、日本の歴史学者。
イェール大学では“Historian”、“Curator”(キュレーター)、“Peace Advocate”(平和の提唱者)として評価されている人である。
生涯 福島県二本松市出身。
父は旧二本松藩士朝河正澄、母は旧田野口藩士の長女杉浦ウタ(ウタは貫一が2歳の時に亡くなったため、その後は父正澄と継母エヒに育てられる)。
1874年(明治7年)、父正澄が「伊達郡立子山村小学校」(現福島県福島市立立子山小学校)の校長格として赴任するため、現在の福島県福島市立子山にある天正寺に移住した後、新校舎とともに建設された校長住宅へ移る。
天正寺には朝河が4歳の時に描いた馬の絵が現存する。
1878年(明治11年)、立子山小学校初等科に入学後、同校普通科・高等科(3級まで)を修了する。
その後、川俣小学校高等科(現福島県伊達郡川俣町立川俣小学校)へ移り、1887年(明治20年)10月、蒲生義一に就いて英学を学ぶ。

あさかわかんいち [生]1873.12.22.福島,二本松[没]1948.8.14.バーモント歴史学者。安積(あさか)中学校,次いで東京専門学校(のちに早稲田大学)文学科に学び,卒業1年後の1896年アメリカ,ダートマス・カレッジの募集に応じて貸費留学生となり,タッカー総長邸に寄宿した。卒業後は,エール大学大学院に進み,ヨーロッパ中世史を専攻しつつ日本制度史の研究を行い,1902年『大化改新の研究』で博士号を得,同大学で東亜史を講じた。日露戦争当時は,学内学外で日本の偏向を憂えるとともに日本の立場を弁明するなど,当時の日本に対する欧米人の関心を高めた。05年より2年間,日本に留学を命じられ,早稲田大学,東京大学,外務省で研究を重ね,帰米してエール大学講師となる。10年助教授に進み,日本外交史,東洋近代史を担当,17年再度日本に留学,東京大学史料編纂所や,関西の古寺,鹿児島の入来院(いりきいん)家の古文書を調査し,23年欧州中世史も担当,29年名著『入来文書』を刊行し翌年,准教授に昇進した。本書は,比較法制史の方法による英文の日本封建制度の発達史で,薩摩入来院家の古文書の復刻を添えてある。41年日米国交断絶後も迫害を受けることなく,43年定年退職後は,在職36年の功により名誉教授の称号を与えられた。晩年は,エール大学で日本の荘園制度の研究に没頭し,第2次世界大戦後避暑地で逝去したが,遺著『荘園研究』は東京で65年に刊行された。彼の研究は,ひとり欧米学界のみならず日本の学界にも大きな影響を与えた。母校の現安積高等学校にはいまも彼の学業に対する人並みはずれた熱意と努力を語る「朝河桜」がある。 (引用元 コトバンク)