訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティFilippo Tommaso Marinetti

詩人作家、批評家[イタリア]

1944年 12月2日 死去享年69歳

フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティ - ウィキペディアより引用
フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティ(イタリア語: Filippo Tommaso Marinetti、 1876年12月22日 - 1944年12月2日)は、イタリアの詩人、作家、批評家、未来派のオーガナイザー。
生涯 エジプトのアレクサンドリアで生まれる。
最初はフランスで活躍する象徴主義の詩人だったが、アルトゥーロ・ラブリオーラ、フィリッポ・トゥラーティ、ワルテル・モッチ、アンナ・クリショフなどの社会主義者と親交を持ってから政治に関わりだし、イタリア社会党の群像劇を描いたLe Roi Bombanceではラブリオーラから称賛を受ける。
1908年に出版されたジョルジュ・ソレルの「暴力論」と自動車事故の体験に影響を受け、翌年の1909年、フィガロ紙にフランス語の「未来派宣言」を発表した。
1910年の公演で「世界で唯一つの健康法ー戦争よ永遠なれ!」と観衆を挑発して逮捕され、1914年にはオーストリアの国旗を燃やし、再び逮捕される。
1918年には「未来主義党宣言」で革命的サンディカリスムを主張する。
1919年6月6日にはアルチェステ・デ・アンブリスとともに「ファシスト・マニフェスト」を発表し、ファシズム運動の先鞭をつけた。

↑ PAGE TOP