芸能人・経営者のおくやみ情報

アルフレッド・ベスター 氏Alfred Bester

SF作家脚本家、コミック原作者[アメリカ]

1987年 9月30日 死去享年75歳

アルフレッド・ベスター(Alfred Bester、1913年12月18日 - 1987年9月30日)は、アメリカ合衆国のSF作家。
テレビやラジオの脚本家、雑誌編集者、コミック原作者もつとめた。
どの分野でも成功を収めたがSF作家として一番知られており、長編『分解された男』で1953年の第一回ヒューゴー賞を受賞した。
生涯 1913年12月18日、ニューヨークのマンハッタンでユダヤ系の家庭に生まれた。
父ジェイムズは靴屋を営んでおり、オーストリアからの移民の系統である。
母はロシア出身で母語はイディッシュ語だった。
アルフレッドには姉(1908年生)が1人いた。
父はユダヤ人で、母は後にクリスチャン・サイエンスの信者となったが、本人は無宗教で通した。
ペンシルベニア大学で化学を、コロンビア大学法科大学院で法律を学んだが、コロンビア大学の方は中退している。
1936年に結婚。
妻のロリー・ベスターはブロードウェイやラジオ・テレビの女優として活躍し、1960年代には広告代理店の重役になっている。

アメリカのSF作家、脚本家、ライター。1913〜1987 ニューヨーク生まれ。 ヒューゴー・ガーンズバックの雑誌刊行以来のSFファンでもあった彼は、1939年にスリリング・ワンダー誌でデビュー。 その後、コミックス、ラジオの脚本家となるが、ギャラクシー誌の編集長ホレス・ゴールドに見出され『分解された男』『虎よ、虎よ!』の2大傑作を発表。「ワイドスクリーン・バロック」の代表作とされている。 その後はSF界から離れ、ジャーナリスト、編集者等としてすごす。1970年半ばから、再びSFを執筆し始めるが、1987年に亡くなった。 (引用元 Hatena Keyword)