訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アンリ・ベクレルAntoine Henri Becquerel

物理学者化学者[フランス]

1908年 8月25日 死去享年57歳

アンリ・ベクレル - ウィキペディアより引用
アントワーヌ・アンリ・ベクレル(Antoine Henri Becquerel, 1852年12月15日 - 1908年8月25日)は フランスの物理学者・化学者。
放射線の発見者であり、この功績により1903年ノーベル物理学賞を受賞した。
パリ生まれ。
息子のジャン・ベクレルも物理学者・化学者である。
蛍光や光化学の研究者アレクサンドル・エドモン・ベクレルの息子、科学者アントワーヌ・セザール・ベクレルの孫で、研究者の道に進んだ。
エコール・ポリテクニークで自然科学を、国立土木学校で工学を学んだ。
1903年、ノーベル物理学賞をピエール・キュリー、マリ・キュリーと共に受賞した。
1908年、ブルターニュのLe Croisicで55歳の若さで急死。
マリ・キュリー同様、放射線障害が原因だと考えられる。
放射能のSI単位のベクレル(Bq)はアンリ・ベクレルにちなんでいる。
業績 ウランの放射線発見 1896年、ウラン塩の蛍光を研究中に、ウランが放出した放射線(アルファ線)が写真乾板を露光させることを発見した。