芸能人・経営者のおくやみ情報

一条さゆり 氏

ストリッパー、ポルノ女優[日本]

1997年 8月3日 死去肝硬変享年68歳

一条 さゆり(初代)(いちじょう さゆり、1929年6月10日 - 1997年8月3日)は日本のストリッパー、ポルノ女優。
本名、池田和子。
新潟県柏崎市出身。
1960 - 70年代にかけて一世を風靡した。
6歳で両親に死別、五反田の施設で育った、とされる。
実際には、金物職人の父親とその妻との間の7番目の次女として生まれ、7歳で実母と死別、年の離れた姉と離別後、父親が再婚したものの、継母からの冷たい仕打ち、異母弟の死などにより15歳(1942年頃)に家出した。
満18歳の時に、東京都多摩郡で終戦を迎え、最初はパンパンをし、21歳の時にホステスとなり、最初の結婚をする。
後に夫とは死別、息子は生後半年で施設に預けられ、後に親族養子に引き取られた。
国際劇場(横浜市)でストリップにデビュー。
東京、名古屋、大阪などで活動。
芸名は赤羽マリ、リオ椿から、1966年に一条さゆりに改名。
その半生をつづった駒田信二の実録小説『一条さゆりの性』で人気に火がつき、多くの“さゆりスト”を生んだ。

「一条さゆり」と関連する人物(故人)