芸能人・経営者のおくやみ情報

木村伊兵衛 氏(きむらいへい)

写真家[日本]

1974年 5月31日 死去享年74歳

木村 伊兵衛(きむら いへい、1901年12月12日 - 1974年5月31日)は、20世紀に活動した日本の写真家。
戦前・戦後を通じて活動した日本を代表する著名な写真家の一人。
報道・宣伝写真やストリートスナップ、ポートレート、舞台写真などさまざまなジャンルにおいて数多くの傑作を残している。
特に同時代を生きた写真家、土門拳とはリアリズム写真において双璧をなす。
1901年 - 東京市下谷(現在の東京都台東区)に生まれた。
子供のころからおもちゃカメラを手にして写真に興味を持った。
1920年 - 砂糖問屋の台湾台南市支店に勤務する傍ら、同市にあった遠藤写真館で営業写真の技術を習い、アマチュア写真クラブにおいて頭角を現した。
1924年 - 内地帰還後、日暮里で写真館を開業した。
1929年8月19日 - 霞ヶ浦にグラーフ・ツェッペリンが飛来した際、フーゴー・エッケナー船長が縦型距離計フォーディスつきのライカIAを首に提げていたのに触発されたのがライカ購入の動機になったという。

写真家。1901年12月12日、東京生まれ。1974年5月31日死去。 1920年ころ台南の勤務先で営業写真の基礎を習得する。1923年に沢井久子と結婚、翌年日暮里に営業写真館を開業。 1930年花王石鹸広告部に嘱託として入社、A型ライカと引伸機を購入し、以降写真家として活躍した。 報道写真とポートレートを結合させた新しい分野を開拓した名カメラマン。著名人のポートレートや舞台撮影のほか、下町のスナップなど人物撮影において数多くの傑作を残した。 ライカの特性を最大限に活かし、被写体を意識させずに傑作を生む。芸術作品というと大型カメラが主流の時代、小型カメラによる作品作りを試みて“スナップ写真の名手”と呼ばれた。従五位勲四等旭日小綬章を受ける。 没の翌年、木村伊兵衛写真賞が創設された。門下生には田沼武能がいる。 (引用元 Hatena Keyword)